修理中は携帯がないの?

iPhoneが壊れた、そんな時どうすればいいの?

不注意で、iPhoneの画面が割れてしまったり、水没させてしまったりすることがあります。そんな時には、故障したiPhoneをどこへ修理に出したらよいでしょうか。
iPhoneを修理する方法は2つあります。1つ目はApple Storeや修理提携店といった正規修理店に持っていく方法です。2つ目はAppleの認定を受けていない修理店である非正規修理店に依頼する方法です。
正規店、非正規店はそれぞれにメリットがあります。正規店であれば、認定されたパーツを使い修理してもらえますし、何より安心感があります。一方、非正規店ではデータが消えにくい、価格が安い、即日対応してくれるといった正規店にはないメリットがあります。一番重要視したい項目は人それぞれことなりますので、自分にとって最善の修理店に依頼するのが良いでしょう。

修理期間中は携帯をもてないの?

Apple Store 直営店や iPhone の提携店に修理を依頼した場合は、その場で修理を完了して可能な限り渡してもらえます。しかし、修理内容によっては特殊な機器を使った精密な調整が必要になることがあり、その場合は Apple リペアセンターにて修理を行わなければいけません。そのような場合、修理が Apple 製品限定保証の保証対象であれば、代替機貸し出しサービスを利用することができます。その後、修理済みの iPhone を受け取る際に代替機を返却します。
非正規店は、その修理時間の短さが特徴の1つであり、原則その場でiPhoneの修理が完了し受け取ることができます。そのため、数日間携帯がもてないという事態に陥ることを心配する必要はありません。

iphone5Sのバッテリー交換を行うことで、バッテリーの持ちが新品並みになるため、使い勝手の改善につながります。